自動車税について知っておくと得するかもしれないコツを掲載

 
 

自動車と税金について

自動車税とは、毎年4月1日の時点で自動車の保有者や使用者に対して課税が行われる税金のことです。
その金額に対しては、車の種類や排気量によって異なっています。
したがって税金を少しでも安くしたいと考える人は、税金の金額の低い車種や排気量の少ない車を選ぶと言うことがおすすめです。
この他に電気自動車やハイブリットカーについては、税額の軽減措置が取られるようになっています。
自動車税の納付に関しては、毎年5月に管轄の事務所や事務センターから通知者が送られてくるようになっています。
現在はこの支払いも便利になっており、役所や金融機関でなくても、コンビニエンスストアやペイジーで支払いをすることができるようになっています。
税額に関しては、総排気量3500ccの自動車の1年間の税金は、5万8000円となっています。
12月に新しく総排気量2100ccの自動車を新規登録した場合には、1万1200円の自動車税がかかることになります。
そして7月に総排気量1500ccの自動車を廃車にした場合には、2万3000円が還付されるようになっています。
3月に総排気量2300ccの自動車を廃車した場合には、1ヶ月に満たないので還付はないことになっています。
 

自動車税の123

納税義務と滞納
ダブルのエコでお得
自動車と税金について
 
         
  Copyright © 2014 xsimposioracal.com All Rights Reserved.