自動車税の支払いはどうやって?滞納した場合は?

 
 

自動車税の納税義務と滞納したとき

車には、自動車税という税金があります。
これは、自動車を所有するオーナーが払う必要がある税金となっており、自動車の排気量に基づき、各都道府県ごとに支払いが必要となっております。
自動車税に関しては、毎年4月1日時点で所有している自動車を対象に各自治体より支払いの明細が届くようになっております。

これは、必ず支払わなくてはいけないものとなっており、万が一延滞をした場合は、その所有している自動車に掛かる自動車税以外に督促料(利息)が上乗せされた状態で再び督促が届くようになっております。
督促料は安いものではないので、必ず支払い期限までに支払うようにしましょう。
また更にその支払い期限を過ぎて納付をしなかった場合に関しては、財産の差し押さえ請求がされかねないので、必ず納付する事が大切です。

自動車を買い替えをする際に、この税金が未納となっていた場合は、支払いを済ませない限りは、自動車を売買することができなくなっているので、支払いは必ず必要です。
また自動車の売買を行なった場合でも、4月1日時点でまだ所有していた場合は、その所有者が自動車税の納付の義務があることから、乗り換えや売買の際には、この期限に対して注意が必要です。

4月1日を超えて新たに購入した場合は、4月1日よりどれくらいの月が経過しているかなどが考慮され、自動車税は月割り計算となり、支払いの金額は、全額ではなく、その算出された金額になります。
 

自動車税の123

納税義務と滞納
ダブルのエコでお得
自動車と税金について
 
         
  Copyright © 2014 xsimposioracal.com All Rights Reserved.